ナチュラルメイクやり方・方法教室|今よりもっと美人に

リキッドファンデーションを綺麗に塗るコツ

 前準備:リキッドファンデーション用のスポンジを用意しておきます。
化粧水・乳液で肌を整え 時間があればマッサージをして下さい。
その後で下地を塗りコンシーラーを塗りましょう。
※下地は多いと化粧崩れの原因になるので、少量にして下さいね。

塗り始め:『逆三角ゾーン』と言われる所から外側に向かって放射状に塗ります。
『逆三角ゾーン』とは両眉毛の眉尻部分と下唇を結んだ三角のゾーンの事で
どのタイプのファンデーションを塗る時も基本になってくる部分ですので覚えておいて下さい。
塗り始める部分としては、頬・おでこなどの広い面から始めてください。

利き手ではない方の手の甲に、リキッドファンデーションを適量乗せます。(テクスチャーなどにより量は違ってきますが、目安は顔全体で1円硬貨程度)
少ないかな?と思うぐらいの方が良いです。

塗り方:利き手の薬指と中指に適量のリキッドファンデーションを取り、逆三角ゾーンの両側の頬の部分に乗せます。
顔の外側に向かって放射状に力を入れずスーッと伸ばし、後は指の腹を使って軽く叩くような感じでなじませます。(外側にいけばいくほど薄付きになるようなイメージで)

次におでこ
これも逆三角ゾーンを意識してリキッドファンデーションを置きます。
おでこも外側に向かって放射状にスーッと延ばします。
鼻にも鼻の先に向かって伸ばしていって下さい。後は軽く叩く感じで伸ばします。
小鼻は少量を取り、軽く叩いて馴染ませます。
※この時鼻先部分(鼻の穴の周り)にも忘れずに塗りましょう。

あごも頬・おでこ同様に逆三角ゾーンから外側に向かって伸ばしましょう。
残った少量のリキッドファンデーションを目元と口元に伸ばしていきます。
顔の中でも一番動く場所ですので、薄くぬるように心掛けて下さい。

最後に再度フェイスラインの部分を確認して、首に向かって馴染ませるようにします。

顔全体に塗り終えたら、何も付いていない綺麗なスポンジでリキッドファンデーションを馴染ませるように軽く叩きます。
小鼻はスポンジを折って密着させるように叩きこみましょう。
※叩く際は、こすらないように あくまで軽く叩いて下さい。
このプロセスはファンデーションが馴染んでくれるだけでなく、スポンジが余計な油分を取ってくれる事で、化粧崩れも防いでくれますので必ず行って下さいね!

その後はルーセントパウダー(プレストパウダーやフェースパウダーとも言う)を顔全体に付けます。
大きなパフにパウダーを取り、パフを少しもみこんだ後で余計なパウダーを落とした後
手の甲にサッと馴染ませ、顔の中央から外側に向って、軽くつけて下さい。 

 

スポンサーリンク



12.クリームファンデーションを綺麗に塗るコツ

記事の目次

ナチュラルメイクやり方

薄いだけのメイクはナチュラルメイクじゃない!

ファンデーション前に下準備

ファンデーションについて

肌作りプロセス

アイブロウ(眉メイク)

中高年の出会い系利用

中高年にもわかりやすい出会い系用語

口紅・リップグロス

ナチュラルメイクを保ちつつ

最後に

このページの先頭へ