ナチュラルメイクやり方・方法教室|今よりもっと美人に

⑤ハイライト

 ハイライトで骨格の高い部分・明るい所に輝きを作る事で、立体感のある顔立ちになります。

広範囲にパールが強い物を使うとギラギラとしてしまうので、微細なパール感のある物を使用します。
大きめの筆にハイライトパウダーを取り、手の甲にポンポンと馴染ませ余計な粉を叩きます。
Tゾーン部分(眉毛と眉毛の間と鼻筋)にハイライトをのせます。
眉山の下のまぶた部分骨格の出ている所にも同じように筆でハイライトをのせましょう。
最後に顎の先にものせます。

微細なパール感のハイライトを使って、目の下の涙袋部分から小さい三角形を作るようにパウダーをのせます。
パールが強い物を小さめの筆に取り、目頭と鼻筋の間にまが玉型にのせます。
こうする事で、目元がより輝いて明るく見えます。 

 

スポンサーリンク



22.⑥シェーディング

記事の目次

ナチュラルメイクやり方

薄いだけのメイクはナチュラルメイクじゃない!

ファンデーション前に下準備

ファンデーションについて

肌作りプロセス

アイブロウ(眉メイク)

中高年の出会い系利用

中高年にもわかりやすい出会い系用語

口紅・リップグロス

ナチュラルメイクを保ちつつ

最後に

このページの先頭へ