ナチュラルメイクやり方・方法教室|今よりもっと美人に

お化粧直し方法

 どんなに丁寧にお化粧しても、時間が経ってくるとメイクが崩れてくるのは仕方のない事。
効率よくメイクを治す方法を覚えておきたいですね。
それぞれポイントごとに紹介していきます。

◆ベースメイク崩れ◆

皮脂で崩れた場合、崩れた部分の皮脂を脂取り紙で取り除きます。
それからルーセントパウダーを大きめのブラシに取り、サッと馴染ませましょう。
※上からファンデーションを重ねてしまうと、厚塗りになるので薄付きタイプのパウダーが正解です。
乾燥崩れの場合、シャワータイプの化粧水を肌に吹きかけテッシュで覆うようにし
少し時間を置いてからテッシュをはがし、手の甲で覆うようになじませた後でルーセントパウダーを大きめのブラシでサッと馴染ませましょう。
※あまりにも乾燥している時は、ルーセントパウダーはしなくてもOK

◆アイメイク◆

アイライナーがにじんだり、マスカラがにじむ事で目の周りが黒くなってしまういわゆるパンダ目には綿棒にリムーバーをつけて、軽くこすると綺麗に取れます。
取り除いた箇所には、薄いパール入りのシャドウをさっと乗せて下さい。
アイライナーが途切れてしまっている所は、点々と置くような感じで書くと元々描いたラインになじみやすいです。また、ラインを書いたら濃いシャドウでラインの上をなぞる事も忘れずに行いましょう。
まつ毛が落ちてきた場合は、ホットビューラーがお勧めです。

◆リップメイク◆

崩れがひどくない場合、リップブラシで上からリップを塗りなおします。
口を開けた状態(「あ」で口を開けた感じ)で上唇と下唇の繋がっている部分に色をのせる事も忘れずに行いましょう。(最後テッシュオフも忘れずに)

あまり崩れがひどい時は、ポイントリムーバーで一度全部落とし切ってから改めてリップメイクをした方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク



49.清潔なアイテムを保つ

記事の目次

ナチュラルメイクやり方

薄いだけのメイクはナチュラルメイクじゃない!

ファンデーション前に下準備

ファンデーションについて

肌作りプロセス

アイブロウ(眉メイク)

中高年の出会い系利用

中高年にもわかりやすい出会い系用語

口紅・リップグロス

ナチュラルメイクを保ちつつ

最後に

このページの先頭へ