ナチュラルメイクやり方・方法教室|今よりもっと美人に

清潔なアイテムを保つ

 メイクでは様々なアイテムを使用しますよね。
当たり前の事かもしれませんが、そのアイテムを清潔に保つ事が綺麗なメイクにも繋がる事なのです。

例えばファンデーションを塗っているスポンジ。
何度も使ってファンデーションが付いたままの状態で、また上からファンデーションを付ける
これでは、ファンデーションがムラになってしまいます。
またそのまま放置しておくと、スポンジに雑菌が繁殖し肌にとっても良くありません。
メイクスポンジ専用のクリーナーが出ていますのでそちらを使う事をお勧めします。
スポンジ専用クリーナーはスポンジ以外にもメイクパフ・シャドウチップも洗えます。
メイクする時は、完全に乾かしてから使うようにして下さいね。

メイクブラシをお手入れする際は、天然の動物の毛を使用してますので、水洗いする際は
型崩れにもなりますので十分に注意しながら行うようにして下さい。
コップなどの容器にぬるま湯を入れて、中で振り洗いします。
これで汚れが落ちない場合は固形石鹸などの刺激の少ない物で優しく洗いましょう。
毛先を手で絞りながら、形を整え毛先が下になる状態で、陰干しします。
※毛先を下に向かせられない場合横でも可能ですが、筆と取っ手の間の金属に水が溜まると雑菌が繁殖したりするので、金属部分に水が溜まらないようにししっかり乾燥させるようにして下さい。

意外にビューラーにもアイシャドウの汚れが付いています。
ビューラーはゴムの部分を外し、固形石鹸を泡立てた物で丁寧に洗います。
歯ブラシなどを使うと溝の部分も綺麗になりますよ。
後は綺麗に流水で十分すすぎ乾燥させて下さい。
ビューラーのゴムは単品で同じように洗って、乾燥させて下さい。
ゴムのみ単品で購入も出来るので、ゴムの部分がへたってきたらこまめに取りかえるといいでしょう。

マスカラコームなど固形せっけんなどでも落ちない汚れがついている場合
ポイントリムーバーを含ませた綿棒を使うと、綺麗汚れが落ちますので試してみて下さい。
ただし、その後綺麗に水洗い⇒乾燥させて使うようにして水洗い出来ない物にはリムーバーは使わないようにして下さいね。

 

スポンサーリンク



50.自分肌・素肌力を磨きたい

記事の目次

ナチュラルメイクやり方

薄いだけのメイクはナチュラルメイクじゃない!

ファンデーション前に下準備

ファンデーションについて

肌作りプロセス

アイブロウ(眉メイク)

中高年の出会い系利用

中高年にもわかりやすい出会い系用語

口紅・リップグロス

ナチュラルメイクを保ちつつ

最後に

このページの先頭へ