ナチュラルメイクやり方・方法教室|今よりもっと美人に

目的別コンシーラーの塗り方

 目的別に分けて、コンシーラーのお勧めと塗り方を紹介します。

◆クマ◆
クマにはよれにくいリキッドタイプか馴染みやすいクリームタイプがお勧めです。
指の腹にごく少量を取り、クマの下側の縁に点々と置いていきます。
※一度にたくさんのせると、薄く均一に伸ばしにくくなるので要注意。
下のまぶたのきわに向けて指の腹で優しく叩きながらぼかします。厚塗りになると不自然なので、クマがきちんとカバーできたら何も付いていないスポンジでポンポンと馴染ませます。

◆シミ◆
シミにはカバー力が高いステックタイプかクリームタイプのコンシーラーがお勧めです。
指の腹に取り、シミの上に置くようにしながらシミよりひとまわり大きく広げます。
境目を外側から内側に向けて指先でたたきながら、ぼかします。
肌になじんだら、全体を軽く指の腹でそっと抑えて肌に密着させましょう。

◆ニキビ◆
ニキビやニキビ後にはカバー力が高いステックかクリームタイプのコンシーラーがお勧めです。
指の腹に少量を取り、ニキビの上にチョンチョンとのせます。
ニキビを刺激しないように、周りだけぼかすように指で叩いて馴染ませましょう。

 

スポンサーリンク



9.ファンデーションの色選びについて

記事の目次

ナチュラルメイクやり方

薄いだけのメイクはナチュラルメイクじゃない!

ファンデーション前に下準備

ファンデーションについて

肌作りプロセス

アイブロウ(眉メイク)

中高年の出会い系利用

中高年にもわかりやすい出会い系用語

口紅・リップグロス

ナチュラルメイクを保ちつつ

最後に

このページの先頭へ